キリンビバレッジのウォーターサーバーは超軟水の天然水が飲める

[colored_bg color=”blue” corner=”r”] キリンのウォーターサーバー AQUWISH [/colored_bg]
spec_waterbottle_img01[icon image=”check1-r”]おすすめタイプ:料理にこだわりたい人、飲みやすい天然水を探している人、留守がちな家

[icon image=”check1-r”]月々のコストイメージ
一人暮らし 4,528円 夫婦二人 5,660円  夫婦+子供 7,924円
三世代 11,320円 企業 28,300円

[icon image=”check1-r”]水の種類 :超軟水 硬度 22 バナジウム含む

[icon image=”check1-r”]赤ちゃんのミルク :適している

[icon image=”check1-r”]ボトル方式 :ワンウェイ方式

[icon image=”check1-r”]配達 :佐川急便
       曜日・時間指定可能
       再配達可

公式サイトはコチラ!

[line color=”blue” style=”solid” width=”4″]

[icon image=”arrow1-b”]課金の仕組み
注文したボトル代のみ
ボトル代:7.15Lで1132円
[icon image=”arrow1-b”]ノルマ
定期配送を2ヶ月連続で中止した場合、ひと月あたり1,080円の休止手数料がかかる。
[icon image=”arrow1-b”]注文
定期配送の間隔を、1週間、2週間、3週間、4週間から選べる。追加注文も可能。
[icon image=”arrow1-b”]ボトル配送について
ボトルはワンウェイ方式。佐川急便が配送するので、日時の指定が可能。
[icon image=”arrow1-b”]不在時
ワンウェイ方式なので回収はなし。不在時には再配達してくれる。
[icon image=”arrow1-b”]初回注文に関して
特に初回特別価格などはなく、サーバー+7.1Lボトル4本が初回の納品分で4,528円。
[icon image=”arrow1-b”]水の賞味期限
製造後6ヶ月
[icon image=”arrow1-b”]水の種類
硬度21で、超軟水の天然水。飲みやすく、天然水の美味しさも味わえ、赤ちゃんのミルクにも料理にも適しているので、非常に使い易い。また、バナジウムを含んでいるので、代謝向上、ダイエット、血流改善のサポートになるほか、バナジウムはインシュリンと似た働きをするといわれていて、糖尿病のケアなも期待されている。

キリンのウォーターサーバーは、美味しい水と料理にこだわる人におすすめ

キリンのウォーターサーバーで飲むことが出来る「富士山まろやか天然水」は、「超軟水の天然水」というところがポイント。天然水の超軟水って、実はメッチャ飲みやすいんです。なので、夏の暑い日とかだと、ガブガブいけてしまいます!のどが渇いた時とか、本当に気持ちいいんでおススメです。それに、天然水の超軟水って、料理に使うと、料理がとっても美味しく仕上がります。特に煮物とかいいですよ~。

ただし、料理に使うと1ヶ月の水の量って結構いきますからね。コストには少し気をつけないとならないです。

キリンのウォーターサーバーは、1L単価では最安値の部類

キリンのウォータサーバーで飲める富士山まろやか天然水は、1Lあたりの価格を計算すると158円となり、実は天然水の中でもかなり低価格な部類にはいります。天然水って1Lあたりの価格が160円を出るものが普通なので、これは結構ありがたいかもしれません。

留守がちな家庭でも頼みやすいウォーターサーバー

このウォーターサーバー、水は全て佐川急便が運びます。なので、日時指定ができる!しかも、ワンウェイ方式なので、ボトルを家に保管しておく必要がないので、無駄に家のスペースを必要としません。もちろんボトルの引取りが要らないわけですから、水のデリバリーを、完全に自分の都合に合わせて頼むことが出来るわけです。

あと、7.15Lのパックっていうのも、特にマンション住まいで留守がちな家にはとてもありがちことなんです。
一般に、水のボトルって12Lが多いです。で、コレが重い(汗)。もう、たまらん・・・ってくらい重いものです。それなのに、不在時に宅配ボックスに、水を置いていかれた日には・・・ボトルを玄関まで運ぶ時、つらいっすよ~。なにしろ12kgの物体ですからね。マンションで宅配ボックスから家までそこそこ距離があったら、とっても辛い思いをすることになります。

こんなわけで、留守がちな家庭や、マンション住まいで部屋が狭い場合なんかは、このウォーターサーバーは本当にありがたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ