クリクラは、ほぼ最安値のウォーターサーバーで調乳に最適。その理由は?

クレヨンしんちゃんのCMで有名なクリクラ。そのクリクラの大まかな説明をこちらの記事で書いているので、購入を検討している人は、まずはこちらを読んでほしいのだ。

[colored_bg color=”blue” corner=”r”] クリクラ [/colored_bg]
クリクラ
[icon image=”check1-r”]おすすめタイプ
コストを抑えたい人、赤ちゃんのミルクに使いたい人
[icon image=”check1-r”]月々のコストイメージ
一人暮らし 2,700円 夫婦二人 4,050円  夫婦+子供 5,400円
三世代 8,100円 企業 20,250円

[icon image=”check1-r”]水の種類 :RO膜水 硬度 30(軟水)

[icon image=”check1-r”]赤ちゃんのミルク :最適

[icon image=”check1-r”]ボトル方式 :リターナブル方式

[icon image=”check1-r”]配達 :地域毎に配曜日固定

申込ボタン

[line color=”blue” style=”solid” width=”4″]

[icon image=”arrow1-b”]課金の仕組み
注文したボトル代のみ
ボトル代:12Lで1350円
[icon image=”arrow1-b”]ノルマ
3ヶ月で6本
満たせない場合は、1ヶ月1,000円のサーバー設置料を払わないとならない。
[icon image=”arrow1-b”]注文
レギュラーパック(定期配送)かオーダーパック(都度注文)を選ぶ。
ただし、オーダーパックの場合は12L×2本で3,000円と値上がりしてしまう。
[icon image=”arrow1-b”]ボトル配送について
ボトルはリターナブル方式。
[icon image=”arrow1-b”]不在時
不在時は、指定場所に空きボトルを置いておけば回収をして、新しいボトルを置いてくれる。
不在置きが不可能な場合は、オーダーパック(都度注文)で対応。
[icon image=”arrow1-b”]初回注文に関して
1週間の無料お試しで開始。その後気に入れば継続でボトル代のみ発生。
継続しない場合は、無料で引き取ってくれる。
[icon image=”arrow1-b”]水の賞味期限
開封後2~4週間、未開封なら半年
[icon image=”arrow1-b”]水の種類
RO膜水。ミネラル分は人工的に加えている。

クリクラはRO膜水なので、安全性がバッチリ!

クリクラはRO膜水という種類の水。RO膜水は、水の分子よりも小さいものを一切通さないフィルターで、放射性物質ですら取り除いてしまうことが出来るのだ。だから、何があっても、基本安心、安全。しかも、クリクラの工場は、厚生労働省から「総合衛生管理製造過程(HACCP)」の取得をしていて、これ、ウォーターサーバー業界としては初めてらしい。だから、赤ちゃんのいるお母さんに安心して使ってもらえるウォーターサーバーなのだ!

クリクラは、ウォーターサーバー各社と比較して、ほぼ最安値

クリクラは、コストを抑えたい人には、かなりおススメなウォーターサーバーだ。まず、どんな家族モデルで見ても、月々の利用料クリクラより安くなるのはアルピナウォーターくらい。でも、アルピナはRO膜水って言っても、ピュアウォーター(純水)なんで、水の味としてはかなり味気ない感じ。料理には良いのだが・・・。暑い日に水をゴクゴクといきたい人には、クリクラの方がおススメなのだ。

また、クリクラは、ウォーターサーバー初心者には、超おススメな理由がある。それは・・・解約金が発生しないこと。普通のウォーターサーバーは、1年以内に解約すると、解約金とかサーバー返送料とか・・・色んな言い方はあるが、5,000円前後かかることが普通。なので、気軽に試しにくいっていう部分がネックだ。ところがクリクラは、解約金が全く発生しない。本当に、水だけ購入していくシンプルなしくみなわけなのだ。

でも、ちょっと待って!アクアクララとも比較検討して!

ここまで、クリクラの特徴を書いてきたのだが、実は、クリクラと双子のようなウォーターサーバーがある。それが、アクアクララだ。クリクラの契約の前に、アクアクララとの比較はやっておいてほしい。

えっ?双子? なぜアクアクララと比べておいた方が良いの?

って疑問だと思う。そこで次の記事を読んでみて欲しいのだ。

クリクラとアクアクララの比較

クリクラの特徴・まとめ
クリクラがやってきた!初回設置の様子をレポートだ!
クリクラの工場見学に行ってきました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ