うるのんとアルピナウォーターを徹底比較してみた!

隊長の家にある「うるのん」とアルピナウォーターを比べてみた。

比較項目 アルピナウォーター うるのん
価格
デザイン・操作性
手入れのしやすさ
料理・お茶
健康へのケア

ウォーターサーバーのデザインは、うるのんが格段に上

まずは、アルピナウォーターとうるのんのサーバーの見た目を比べてみたい。やはり、部屋に置く以上は、この部分は大切なのだ。したの写真の左がアルピナウォーター、右がうるのんだ。
アルピナウォーター全体01  うるのん全体写真_01

ウォーターサーバーの機械は、うるのんの方が圧倒的にスタイリッシュ。アルピナのデザインは、うるのんに比べるとちょっと古めかしいかもしれない。アルピナウォーターは、ボトルをそのままサーバーに挿すだけだが、
アルピナウォーター上部

うるのんの方は、ボトルをサーバーにセットした後に、カバーをかぶせる。ボトルが隠れることで、よりスタイリッシュさが出てくるのかもしれないのだ。
うるのんサーバー上部_2 うるのんサーバー上部_3

使いやすさはどちらが上か?

次に使いやすさなのだが・・・これもうるのんの方が圧倒的に良い。

アルピナウォーターの場合、Vの字になった2つのレバーを操作しないとならないのだが、この操作方法が意外と難しい。
下ののレバーを上げて、上のレバーと一緒に引っ張ってから下に押す・・・面倒だし、時々間違える。でも、その分、子供や高齢者の誤操作を防ぐことができるのは確かだ。
アルピナ使い方02

一方で、うるのんは、ボタンを押して、レバーにコップを押し当てるだけ。レバーだけでは水もお湯も出ない時点で、既に誤操作の防止も出来ているので、隊長としては、使い勝手の良いうるのんの方がお勧めにはなる。
うるのんレバー02

ボトル交換や手入れが楽なのはどっち?

ボトル交換やメンテナンスが楽なのは、アルピナウォーターの方だ。うるのんは、手入れの指示が結構細かくて、その分、お手入れグッズなんかもついてくる。
これが、そのお手入れグッズ。
WS000018WS000019

入っているのは、綿棒・ウェットティッシュ・キッチンペーパーの3点セット。これでどんなことをするのかっていうと・・・
1)注ぎ口の掃除(by 綿棒)
2)注ぎ口周辺部の掃除(by ウェットティッシュ)
3)ボトル交換時の、ボトル挿入口の掃除(by キッチンペーパー)
ということをやらないとならない。ここがアルピナウォーターと違う。

説明書には、1)と2)を毎日やる!って書いてあるけど、隊長は面倒だから週1回くらいが限界だ(汗)。うるのんはこのあたりが、ちょっと厳しいなって思うのだ。

水の味を比べるとどうなるか?

アルピナウォーターと、うるのんの富士の天然水を比べると、料理・お茶などの使い勝手が良いのは、どちらかというとアルピナウォーターだと思う。アルピナウォーターは、硬度1という、本当にクセのないピュアウォーターだ。なので、何に使っても普通で、そこそこ・・・という感じ。

紅茶、コーヒーを入れるとちょっとアッサリしすぎる感じはするが、水道水をそのまま使うよりは美味しいし、そこそこの味は担保できる。ご飯を炊いたり、味噌汁を作ったりしても、そこそこ美味しくなるので良い。で、日本茶を入れると、これが絶品なので超おすすめ!風味がしっかり出て、本当にうまいのだ。

一方で、うるのんの富士の天然水は、ちょっとクセがあって使いづらい。ご飯を炊くと、お米によっては芯が残るようなパサツキ感があったり、紅茶、コーヒーは渋みが出てしまうことが多くて、飲み物系にはちょっと使いづらい。そのまま飲むのであればとても美味しいのだが・・・それ以外の用途には、(隊長が試した限りは)不向きなケースが多かった。

アルピナウォーター 味のレビューはこちら
うるのん富士の天然水 味のレビューはこちら

コストを比較してみる

コストを見る限り、アルピナウォーターは最高に良い。おそらく、以上に出回っているウォーターサーバーの中でも、最安値のラインだ。ただ、うるのんの富士の天然水も、天然水の中では最安値のラインに近くて、「天然水」というカテゴリーの中では、明らかに安いほうなのだ。
天然水とRO膜水について知りたい人はコチラ
安いのはアルピナウォーターの方なのだが、ここは、「天然水」にこだわるかどうかによって変わってくるところだ。

【アルピナウォーター】
一人暮らし 2,618円 夫婦二人 3,641円  夫婦+子供 4,664円
三世代 6,710円 企業 15,917円

【うるのん「富士の天然水」】
一人暮らし 3,600円 夫婦二人 5,400円  夫婦+子供 7,200円
三世代 10,800円 企業 27,000円

健康に気遣うなら、うるのん「富士の天然水」がおすすめ

うるのん「富士天然水」は、健康に気遣う人には、絶対にお勧めの水。確かに、料理には使いにくいが・・・水だけで飲むと、アルピナウォーターよりもはるかに美味いし、何と言ってもバナジウムが入っている。

バナジウムは血流を良くする効果が期待されていて、むくみとか冷え性とか、代謝が鈍くなって太りやすいとか・・・そういった女性の悩みにも有効だし、高齢者の血栓予防にも良いとされている。夜、寝る30分前に、バナジウム水を飲むだけでも、心筋梗塞などの予防にも良いという話もしばしば聞く。

なので、このあたりのことをケアしたい人は、うるのんがお勧めなのだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ