アクアクララ アクアスリムの設置と使い方【動画でレビュー】

アクアクララを会社に置いてみた。設置の様子やアクアクララの使い方を詳しく説明していくので、よかったら参考にして欲しいのだ!
<アクアスリムの初回設置の様子>

<アクアスリムの使い方>

<アクアスリムのチャイルドロック>

アクアクララがやってきた!設置の様子を激写!

隊長の会社にアクアクララがやってきたのだが、その時の設置までの様子を紹介したいと思う。

今回、隊長は、アクアクララの「1週間お試し」を選んだ。当日、ワクワクしながら待っていると、やってきたのは「アクアクララ」の営業代理店の人。宅配業者とかじゃないんで、アクアクララのこと、メッチャ詳しかったのだ。

ハッキリ言って、設置は一瞬だ。しかも、販売店の人が全部やってくれるので、自分達でやることは、何にも無い!
まず、販売員さんが、アクアクララのサーバー本体が入ったダンボールと、水の入ったボトルを持ってくる。で、玄関の外で、ダンボールから本体を出して、それから部屋の中に持ってきてくれる。
アクアクララ設置01アクアクララ設置02

アクアクララ設置03アクアクララ設置04

最後に、ボトルを上にセットして、、、終わり!ここまで、全部で5分くらいだった。
アクアクララ設置06アクアクララ設置07

ちなみに、電源は1つあれば良い。ただし最大で1500ワット使うことがあるらしいので、OAタップを使わずに、コンセントに直接差し込んで欲しいとのことだ。

で、この後に、実際にウォーターサーバーから水が出てくるか確認して、使い方の説明をしてもらって・・・販売員さんがメッチャよい感じの人だったので、色んな話を聞いていたのだが・・・それでも30分もかかっていない。普通にセットするだけだったら、たぶん15分みておけば大丈夫じゃないだろうか。

アクアクララの使い方

アクアクララの使い方は・・・とてもシンプルだ。
正面から見て、右が水、左がお湯の給水口になっている。

アクアクララ全景 アクアクララ使い方01

水に関しては、単純にレバーを押すだけで給水できるようになっていて、特に誤操作防止のための構造はない。でも、水に関しては、事故ってほどのことは考えられないし、実際使ってみると、うるのんやアルピナよりも使いやすくて良いと思った。

アクアクララ使い方04 アクアクララ使い方05

一方で、お湯の方は、事故防止の工夫がしっかりとされている

まず、レバーはV字に2つ分かれていて、上のレバーは最初から下がっていて、下のレバーはブラブラした状態で下に下がっている。で、上のレバーを押しても、下のレバーを上げても、お湯は全くでない。

アクアクララ使い方01

お湯を出すには、下のレバーを持ち上げて、さらに「上下のレバーを合わせてもう一度持ち上げてから、同時に下げる」ってことをしないとならない。

アクアクララ使い方02

お湯を出すためのレバー操作は基本的にはアルピナウォーターと同じだが、上のレバーが最初から下がっている点で安全性が一段上なのと、アルピナに比べてレバー操作がしやすい。アルピナウォーターの場合は、実際お湯を出そうと思ってもうまく出ないことがあったのだが、アクアクララに関してはそれがない。手順通りにやれば、スムーズにお湯が出てくれる

アクアスリムのチャイルドロック

アクアスリムで、いわゆる「チャイルドロック」をしようと思ったら、お湯を出すレバーを、「ロック付温水フォーセット」というのに取り替える。これは営業店に言えば簡単に取り替えてもらえるが、確か」、有料だったと思う。
アクアクララのチャイルドロック01

で、これをつけると、お湯を出すのにちょっとひと手間かかることになるので、子供が間違ってお湯を出すリスクを減らせるというわけだ。
アクアスリムチャイルドロックの使い方

アクアスリムのメンテナンス

隊長としては、実は、この部分が結構嬉しいのだが・・・
アクアスリムは、セルフメンテナンスがほぼ無い!

アルピナウォーターやうるのんでは、背面の掃除機をかけるとか、給水口の掃除をするとか・・・面倒なメンテナンスがあったのだが、アクアクララは必要ないそうだ。これは嬉しい!毎週何らかのメンテナンスが発生したりすると、正直、段々面倒くさくなってくる。そういったことが無いのは、アクアクララの嬉しいところだ。

ただ、1つだけ、ケアしないとならないことを見つけた。
ちょっとコレ見て欲しいのだが・・・水はレバーを押すだけで出てくるので操作性が良いと書いたのだが・・・間違って、コップを置かないでレバーを押してしまうと水跳ねする。しかも横から見ると、蛇口真下が、受け皿の端っこになってしまうので・・・水がはねやすいのだ。
アクアクララ受け皿01

でも、アクアクララも考えていて・・・この部分をカバーするために、サーバーの下にトレイを設置してくれている。
アクアクララ受け皿02 アクアクララのトレイ

アクアクララの操作性という点で、この部分だけは問題が残る。

アクアクララ まとめ
アクアスリムの設置と使い方
アクアアドバンスの設置と使い方
アクアトラストの使い方
アクアクララの味を徹底レビュー
アクアクララ申込手順

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ