サントリーのウォーターサーバー|プラン詳細と申込方法

ウォーターサーバーは、初めて申込む時って不安もあると思う。なので、南アルプスの天然水の申し込み方法を、隊長が実際に申し込んでみた画面イメージを使って、紹介したい。プランの詳細も説明するのだ。

サントリーの水宅配、申し込みのイメージ

【1】公式サイトを見つけて申し込みボタンをクリック
まずは、「南アルプスの天然水 ウォーターサーバー」とかで検索すれば、サントリーの水宅配・公式サイトが出てくる。で、そこで、申し込みボタンをクリックだ。
サントリー申し込み01

【2】プランを選ぶ
次に出てくるのは、プランを選ぶ画面だ。プランは、大きく分けて、
・通常プラン
・年割りプラン
にわかれている。下の画面で言うと、上にある「通常プラン」に対して、下にある3つのプランが「年割プラン」にあたる。
サントリー申し込み03
年割りプランについては、後で説明するので、今はサラッと流しておく。

【3】注文内容を入力
プランを選ぶと、次は、注文内容を入力する画面が出てくる。
まず、郵便番号と支払い方法を入力だ。
サントリー申し込み04

で、下に画面をスクロールすると、初回のサーバー設置について、希望日時を設定することになる。
サントリー申し込み05
注意したいのは、初回設定が自分で出来ない場合の配慮だ。これ、説明書を読めばわかる程度の設定なのだが・・・例えば、希望日に、「機械に強い人」が一人も在宅していない・・・なんていう事情があれば、上の画面の赤枠で囲った部分を確認して、チェックボックスをクリックしておいた方が良い。

さらに下にスクロールすると、今度は、水の宅配についての設定になる。
サントリー申し込み06

注意したいのは赤枠の2箇所だ。

■ 天然水ボックスの「定期お届け希望時間」
まず、天然水ボックスの「定期お届け希望時間」なのだが、これは、初回のお届け日にも適用される。

最初の水が宅配される日は、サーバー設置と同じ日なのだが、水の宅配と、サーバー設置とは別の業者になる。そのため、
サーバー設置は、前画面で指定した「ウォーターサーバーお届け希望時間」
水の宅配は、この画面で指定した「定期お届け希望時間」
と別々になってしまうのだ。

■ プランの選択とキャンペーンコード
次に注意したいのは、プランの選択を間違えないことと、キャンペーンコードの入力を忘れないことだ。
ここで、「年割プラン」を選びたかったのに、間違って「通常プラン」を選んだり、その逆をやったりしないようにしたい。それと、「年割りプラン」を選ぶにはちゃんとキャンペーンコードを控えておいて、しっかりと入力することが大切。キャンペーンコードをどこでGETするかは、後で説明する。

【4】申込者情報の入力
ここまで入力したら、あとは、申込者情報の入力だけだ。
通り一遍の、氏名、住所、電話番号などを入力する。
サントリー申し込み07

サントリー申し込み08

サントリー申し込み09

【5】利用規約の確認とマイページの登録
最後に、利用規約を確認して申し込みなのだが、ここでは必ず、マイページの登録をお勧めしたい。定期宅配の数量変更などが本当に便利なので、是非利用して欲しい。
サントリー申し込み10

ちなみに、マイページはこんな風になっている。
サントリー・マイページ01

ここで「定期お届けパターンの変更」をクリックすると、以下のような画面になって、簡単に、宅配間隔や本数の設定が出来るのだ。
サントリー・マイページ02

サントリー宅配水の「年割プラン」について

サントリーの宅配水では、「通常プラン」と「年割りプラン」というのがある。

簡単に言うと、
・「通常プラン」は、いつでも無料でやめることが出来る代わりに、ちょっとコストが高め
・「年割プラン」は、コストがメッチャ安くなるかわりに、更新日以外で解約すると「違約金」が発生する
っていう違いがあるのだ。

じゃあ、年割りプランってコストがどのくらい安くなるのかっていうと・・・
1)宅配水ボックス2箱が、常に通常料金から5%割引
1,040円(税抜)/箱 ⇒ 988円(税抜)/箱
2)初回だけ、宅配水ボックス2箱が無料
という感じだ。

ちなみに、年割りプランの「更新日」って言うのは・・・
例えば、5月中にウォーターサーバーの契約をしたら、翌年の4/1~4/30が「更新月」となって、この期間に解約すれば違約金が発生しない。
以降、毎年、4/1~4/30が「更新月」となって、この期間に解約すれば違約金が発生しない・・・というのを繰り返していくわけだ。

ちなみに、最初の更新月が来る前の解約の場合は、違約金が5,400円、最初の更新月以降は、違約金が3,240円発生する。

年割りプランには3つのコースある

南アルプスの天然水の年割りプランには3つのコースがあるので注意したい。
さっき説明した宅配水ボックス5%割引とか初回の2箱無料とかは、どのコースともに適用されるのだが、今から説明する3つのコースのどれを選ぶかによって、さらに追加で特典をうけることができるわけだ。
1)ベビーコース
【対象】妊娠している女性、0歳~満3歳の子供がいる女性
【特典】24時間・365日、無料で子供の健康相談ダイヤルが利用できる
ママバッグがもらえる
2)のりかえコース
【対象】他社のウォーターサーバーを利用している人
【特典】JCBギフトカード4,000円分
3)スタンダードコース
【対象】全ての人
【特典】米5kg 新潟県魚沼産コシヒカリ / 北海道産ゆめぴりか/ 山形県産つや姫/ から選択

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ