うるのん・申込み画面とプランの詳細をしっかり解説!

うるのんは、申し込み方法がわかりづらい。なぜなら
個人情報を入力してからプランを選ぶ手順になっているからだ・・・!
この記事では、うるのんの申し込み手順について詳しく書いているので、申し込みしようと思っていて困っていたら、一度読んで見て欲しいのだ。

うるのん全体写真_01
「まだ、プランも選んでいないのに個人情報入力って怖い(汗)・・・」って感じる人もいると思う。

どんなプランがあって、料金はいくらか?
申し込み手順が、どんな風になっているのか?

の2点を書いておくので、参考にして欲しいのだ。

申込ボタン

プランの詳細

うるのんのプランは、水の種類・配送間隔・サーバーの種類をそれぞれ選んで、組み合わせるようになっている。

1)うるのんの場合、水は3種類あって、「富士の天然水」「富士の天然水さらり」「やわらか水」のどれか好きなものを選べる。

水の種類 特徴
富士の天然水 硬度が高めの軟水で、飲みごたえのある美味しい水。バナジウムが含まれていて健康にもよい。
富士の天然水
さらり
硬度が低くて、料理など幅広い用途に使いやすい。癖が無くて飲みやすい。
やわらか水 RO膜水なので、安全性にこだわる人にはお勧め。赤ちゃんのミルクに最適。

2)3種類の水について、それぞれ配送方法を選ぶことが出来る。配送方法は3種類あって
・3週間で2本
・4週間で2本
・6週間で2本
のいずれかだ。これ以上発注したい場合は、追加注文をすることになるのだが、この記事の最後に書いてあるように、追加注文は公式サイトから簡単に出来る。日時指定も出来るので、そんなに面倒なことは無いと思う。

3)サーバーの機械も3種類ある。
・スタンダードサーバー(床置き)
・スタンダードサーバー(卓上)
・エコサーバー(電気代を節約できる代わりに、サーバーレンタル料が高い)
の3種類だ。隊長はエコサーバーを選んだ。エコサーバーについては設置と使い方の記事に書いてあるので、そちらを参考にして欲しい。

じゃあ、それぞれコストがいくらになるのか・・・・?っていうと、

「富士の天然水」と「富士の天然水さらり」※以下、税抜きの金額です。

配送間隔 サーバーの種類 水の代金
(配送ごとの課金)
サーバー代
(月々の課金)
「3週間に2本」「4週間に2本」 スタンダードサーバー 3,600円 無料
エコサーバー 3,600円 103円
「6週間に2本」 スタンダードサーバー 3,600円 823円
エコサーバー 3,600円 1,028円

「やわらか水」は6週間に2本のプランが無い(汗)。※以下、税抜きの金額です。

配送間隔 サーバーの種類 水の代金
(配送ごとの課金)
サーバー代
(月々の課金)
「3週間に2本」「4週間に2本」 スタンダードサーバー 2,570円 823円
エコサーバー 2,570円 1,028円

申込ボタン

申し込み方法

うるのんを申し込む方法なんだが・・・ひとつひとつのページが長くて、記入項目が多いので、ちょっと面倒に感じる。ただ、実際には、他のウォーターサーバーの申し込みと変わりは無いので、説明を書いてみたい。

まず、公式サイトの申し込みボタンを押すと、次のような画面になる。ここで、郵便番号を入力して、配達エリアを確認することになる。
うるのん申し込み01

配達エリア内だと、こんな画面になるので、申し込みボタンを押す。
うるのん申し込み02

そうすると、規約を読む画面になるので、契約内容など確認(・・・隊長は面倒だったのでテキトーに読んでしまった(汗))してから、一番下の「同意する」ボタンを押す。
うるのん申し込み03うるのん申し込み04

で、ここが問題の箇所。
プランを選ぶ前に、しかも料金がわかる前に契約者情報の入力をしないとならない!
でも、既にこの記事を読んで、プランの詳細が理解できている人は心配することは無いのだ(笑)。

文句言わずに(笑)、住所、電話場号、メールアドレスなど一通り入力する。
うるのん申し込み05

さらに下にスクロールすると、クレジットカード情報の入力だ。
え~っ!?プラン選んでないよ!とか言ってもいいけど・・・(笑)
まだ契約は確定していないので、安心して入力しよう。
うるのん申し込み06

さらに下にスクロールして・・・ここが大切!プランを選ばないとならない
さっきも説明したが、うるのんは、3つの水から好きなものを選べる。水の説明は省くが、「富士の天然水」「富士の天然水さらり」「やわらか水」の3つから選ぶ。まず、これを決めないとならない。

次に、配送間隔を選ぶ

配送間隔は、3週間、4週間、6週間から選ぶ。注意したいのは全て2本ずつの配送だと言うこと。「2本ずつ」の配送しか選択できないんで、ちょっと困るかもしれないが、「もっと注文したい~!」って言う場合は、下で説明するマイページにログインして追加注文をして欲しいのだ。
うるのん申し込み07うるのん申し込み08

あと、「富士の天然水」「富士の天然水さらり」の2つに関しては、配送間隔が6週間に1回になると、サーバー代がメッチャ高くなるので注意!

最後に出てくるボトルカバーは・・・コレのこと!これを、三色から選ぶわけだ。
うるのんボトルカバー

最後に、初回の分と、定期配送の分を分けて、希望のお届け日時を入力する。これで、入力は完了だ!
うるのん申し込み09

実際やってみると、結構簡単なので、ためらっている人は、とりあずトライ!して大丈夫なのだ。

申込ボタン

うるのんのユーザーページの使い方

うるのんのユーザーページは、使い方が簡単なんで、ちょっと紹介する。

うるのんの公式サイトにアクセスして、右上のボタンをクリックする。
うるのんマイページ00

ボタンをクリックすると、ログイン画面になります。登録電話番号でログインできるのが便利。
うるのんマイページ01

ログインするとメニュー画面が出てくるので、ボトルの追加注文をする場合は、一番上の「ボトル追加注文」文字をクリックする。
うるのんマイページ02

ボトルの追加注文画面は、こんな感じ。ここで、本数、配送日時を選ぶだけなのだ。
うるのんマイページ03

「あれ~っ?今度の配送いつだっけ?」みたいに、配送予定を忘れてしまった場合は、ボトルの注文状況も照会できる
うるのんマイページ04

メールや電話での問い合わせ先もすぐにわかるようになっているぞ。
うるのんマイページ05

ネットでここまで出来てしまうのはとても楽。うるのんは、とても便利なので、是非利用してみると良いのだ。

うるのんは申し込んでしまえば、わかりやすいシステム

うるのん全体写真_01うるのんは、公式サイトのプランの説明がちょっとわかりにくいところがあるが、実際利用してみると、とてもシンプルでわかりやすいシステムになっている。サポートも、とても親切で、何でも教えてくれるので、お勧めできるウォーターサーバーの一つなのだ。

申込ボタン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ