女性の悩みの解消に適したウォーターサーバの選び方

0-66女性の悩みっていうと、冷え、肩こり、むくみ、代謝向上、便秘、ダイエット・・・といったところ。こういった悩みを「治す」ことは出来ないんですが、サポートするという意味では、「水を変える」ことって、相当に有効だ。では、そのためにはどんあウォーターサーバーが良いのか?って言うと、
バナジウム水
弱アルカリ水
っていう2点が大切。
この記事では、そのあたりを書いていこうと思うのだ。

女性の悩みを解消する水は硬水が良いって言われるが・・・

女性の悩みを解消しようとして水を選ぶっていう話になると、良く出てくるのが「コントレックス」。硬度がメッチャ高い、超硬水だ。女優のSHIHOが飲んでいるってことで、一時、一世を風靡していた気がする。隊長の奥さんなんかも、コントレックス=ダイエットくらいのイメージがあるらしい。

0-53硬度が高い水は、血流に良い影響を与えるので、肩こりや冷え性に悩む女性には適している。ミネラルのうち、マグネシウムは便をやわらかくする作用があり、体内の酵素の働きを活性化させてくれるので、便秘の解消やダイエットに適しているのだ。ただ、このときに注意したいのは、カルシウムとマグネシウムのバランス。カルシウムだけ、もしくはマグネシウムだけ多く摂取すると、体調を崩すことがあって、カルシウム:マグネシウム=2:1の比率が一番理想なんだそうだ。

ただ、硬水の難点は「お腹を壊しやすい」っていうことと、はっきり言って美味しくないってこと。

コントレックスおなかを壊しやすい人は、硬水は絶対に避けないとならない。ヨーロッパを旅行した時におなかを壊す人って結構いるけど、あれって、ヨーロッパの硬度の高い水に慣れていなくて、おなかを壊しているのだ。だから、市販されている「コントレックス」みたいに硬度が1000を超える超硬水をいきなり飲んで、おなかを壊す人も結構いる。もっとも、おなかがゆるくなるから、便秘の解消につながるわけで・・・ここは当然なのだが・・・。

それと、絶対に日本人の口には合わない。隊長の知る限り、硬水愛用者はいても、硬水が美味しいって言っている人はほぼ見たこと無いのだ。

女性の悩みには、バナジウム水がオススメ

硬水がだめなら、じゃあ、どうしたらいいのか?って言うと、そこで活用したいのがバナジウム水だ

0-05バナジウムっていう物質は、血管を開いて、血流を良くする効果が期待されている。で、この「血流を良くする」っていう効果は、女性の悩みを解決するには、最も大切なことなのだ。

まず、血流が良くなることで、体温が上がる。体温が上がると、免疫力が高くなって体の抵抗力が強くなる。疲れやすい体質の人にはここは大切な部分だ。

ジョギングする女性さらに血流がよくなると、基礎代謝がさかんになる。基礎代謝って言うのは、運動とかしなくとも、日常生活を送っているだけで体が栄養分を消費すること。これが盛んになることで、「太りにくい」体質になれるわけだ。また、基礎代謝が良くなるのは、体内の酵素の働きが盛んになるからなのだが、この酵素の働きがさかんになることで、便秘の解消にもつながっていく。

さらに、血流が良くなる・・・血めぐりが良くなることで、肩こりや生理痛、頭痛、目の疲れなどの症状の緩和にも働く。女性にとっては良いことづくめなのだ。

バナジウム水が飲めるウォーターサーバーはコレだ!

バナジウム水を飲みたいのであれば、おすすめなのはフレシャスかうるのんだ。

フレシャス
フレシャスフレシャスは、バナジウム水だからということ以外にも女性におすすめできるポイントがいくつかある。ちなみに2つの天然水が飲めるが、バナジウム水が飲めるのは「フレシャス富士」という水だ。これは弱アルカリ性の水なので、疲れがたまった体にも優しくて、とても良いのだ。
[icon image=”point1-1-g”]水パックが軽くて、女性や高齢者にも扱いやすい
[icon image=”point1-2-g”]水パックはほぼ真空パックなので衛生的
[icon image=”point1-3-g”]水パックは畳んで捨てられるのでゴミが少なくて済む

フレシャスウォーター まとめ
フレシャス富士の味を徹底検証

うるのん
うるのん全体写真_01うるのんのドラえもんのCMをやっているの見たことあるだろうか。子供が知っていると思うので、子供受けはとても良いと思う。おまけもついてくる。こちらも弱アルカリ水なので、体が疲れて酸性に傾いている人にはお勧めできる。ウォーターサーバー本体のフォルムが流線型なので、部屋に置いても、ゴツゴツした印象がなくて、部屋になじみやすいと思う。

うるのん まとめ
うるのん 富士の天然水の味は?



ちなみに、クリティアやイワタニのウォーターサーバーでもバナジウム水は飲める。

サブコンテンツ

このページの先頭へ