トリハロメタンが水道水に含まれていて危険!って本当なの?

トリハロメタンは、一時期ものすごくメディアで取り上げられていた。「水道水にはトリハロメタンが含まれていて危険だ!」みたいな騒がれ方をしていたので、知っている人も多いと思う。

じゃあ、なんで「トリハロメタンが危険だ!」って騒がれていたのか?って言うと、実はトリハロメタンには発がん性があると言われているからだ。色んな病気はあるけれども、やはり「がん」は怖い。そのため、このときの話題が、浄水器やウォーターサーバーが家庭に普及する切っ掛けの1つにもなっていった。

トリハロメタンは何故発生するのか?

ところで、どうして、水道水にトリハロメタンが発生するのだろうか?
なんと、川の水をきれいに浄化する「浄水場」で「浄水処理」の時に発生してしまっているのだ!

川の水を飲み水にすることを浄水処理という。この浄水処理にはいくつかの工程があるが、そのなかの1つに塩素処理がある。川から取り入れた水に、塩素を加えることで水の中のゴミを沈殿させてきれいにしているのだ。(プールの消毒でも塩素は使われているので、あ~、あの臭いね!って思う人も多いと思う。)

ところが塩素を加えるとき、水の中に有機物があると、その有機物と塩素が化学反応を起こしてしまう。このときにできるのがトリハロメタンなのだ。つまり川の水に有機物が多いほど、別の言い方をすると川が汚れているほどトリハロメタンが多く出来ていしまうわけだ。

※ここから先は、本当に難しくなるので、心して読んでほしい(笑)。
※正直、飛ばして読んでもらっても、続きは分かるので大丈夫だ。

トリハロメタンを構成する4つの物質

トリハロメタンについてもう少し詳しく言うと、実は「トリハロメタン」という名前の物質はないのだ。実際には、
[icon image=”check3-r”]クロロホルム
[icon image=”check3-r”]ブロモジクロロメタン
[icon image=”check3-r”]ジブロモクロロメタン
[icon image=”check3-r”]ブロモホルム
という4つの物質をまとめてトリハロメタンと呼んでいる。「トリハロメタン」というのは「3つの(トリ)」「ハロゲンがくっついた(ハロ)」「メタン」という意味だ。ハロゲンの仲間に「クロロ(=塩素)」や「ブロモ(=臭素)」があり、クロロやブロモがくっついたメタンなので、ブロモジクロロメタンと言った名前になっているのだ。

これらの物質の危険性は動物実験などで確認されている。そのため、水道法では、これら4つの物質について、それぞれ耐容一日摂取量(毎日飲んでも影響の出ない量)を求めて、水質基準にしているわけだ。

4つの物質について、耐容一日摂取量の求め方や値を知りたい人は、「トリハロメタンの耐容一日摂取量の求め方と値」を読んでおいて欲しいのだ。

トリハロメタンとしての総量規制

トリハロメタンとまとめて呼ばれる4つの物質について、それぞれ耐容一日摂取量が定められていると書いてきたが、実は、個々の値とは別に、トリハロメタンの総量としても水質基準が設定されているのだ。これは、クロロホルムやジブロモクロロメタンなどの個々の濃度は基準値以下でも、合計した量が多くなってしまうと元も子もないからだ。それで、日本の水質基準では、トリハロメタンの総量として0.1mg/Lを基準値としている。

ちなみに、EUでは0.1mg/L、アメリカでは0.08mg/Lと定められていて、日本の基準値はEU、アメリカと同程度であると分かる。ただ日本と違い、EUとアメリカは、トリハロメタン個々の基準値は設定していないようだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ