コスモウォーター、One Way Water、オーケンウォーターは同じ商品

隊長は、ある日、ウォーターサーバーを調査していて、んん???って思った。

コスモウォーター、One Way Water、オーケンウォーターの3つのサーバーのデザイン、天然水の名前が、ほぼ同じなのだ!
これは、、んん???ではないか!違う会社なのに、同じってどういうことなのだろう。

3社のウォーターサーバーを比較してみる

まずは、サーバーのラインナップを比較してみたのだ。
下の表では、一番左端の写真のウォーターサーバーが、各社でどのように呼ばれているのかを表しているので、是非参考にして欲しい。

ウォーターサーバー コスモウォーター One Way Water オーケンウォーター
ボディーセレクトウォーターサーバー ボディーセレクト
ウォーターサーバー
該当なし プレミアム
ウォーターサーバー(生産中止)
スタイリッシュウォーターサーバー スタイルセレクト
ウォーターサーバー
ラウンドタイプ
スタイリッシュ
ウォーターサーバー
スタイリッシュ
ウォーターサーバー
スクエアウォーターサーバー カラーセレクト
ウォーターサーバー
スクエアタイプ
5色の
カラフルサーバー
スクエア
ウォーターサーバー
らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM
らく楽スタイルウォーターサーバーSMART らく楽スタイルウォーターサーバーSMART

このように、同じサーバーを使っているのだ。ちなみに、3社ともサーバー代は全て無料なのである。

3社のミネラルウォーター(宅配水)を比較してみる

次に、各社から宅配されるミネラルウォーターも同じものになる。これも下の表にまとめたので、参考にして欲しいのである。

水の彩水地 コスモウォーター One Way Water オーケンウォーター
静岡県御殿場市 富士の響き 彩(SAYA) 富士山の銘水
大分県日田市 日田の誉 天寿の水 大分 天領の銘水
京都府福知山市三岳山麓 古都の天然水 京の湧水 京都丹波の銘水
島根県浜田市金城町 金城の華
RO膜水 プラスプレミアム

ミネラルウォーター(宅配水)は3社とも全く同じで、料金も同じなのだ。

コスモウォーター、One Way Water、オーケンウォーターの違いは?

こんな風に、サーバーも、宅配されるミネラルウォーターも、全て同じラインナップ。これについて、隊長は各社に電話して聞いてみたのだが、オペーレーターさんたち、とっても正直に教えてくれて、「3社とも同じOEMを使っているんで、実は売っているものは同じなんですよ~」って言っていたのだ。

じゃあ違いは何なのだろうか。
実は、違いは3つある。ただし、このあたりは結構代わることもあるので、皆さんが契約する時には、しっかりと調べて欲しいのだ。
1)キャンペーンの内容
2)一時休止の制度
3)解約時にかかる金額

1)キャンペーンの内容について
例えば、2014年4月のキャンペーンを見てみると、
コスモウォーター :抽選によるプレゼント、タンブラー、QUOカードなど
One Way Water   :抽選によるプレゼント、選択制で食品をプレゼントなど
オーケンウォーター:コシヒカリ4kg、ボトル2本など
な~んていう風に、各社とも、特色出そうと、頑張っているのだ!

2)一時休止の制度
コスモウォーター、One Way Waterは、、無料で一時休止が出来るのは最大1ヶ月まで。その後はサーバーレンタル料として月864円かかる。
オーケンウォーターは、無料で一時休止が出来るのは最大2ヶ月まで。その後はサーバーレンタル料として月864円かかる。

3)解約時にかかる金額
コスモウォーターが一番高くて、
1年未満の解約
⇒サーバー引取料5,400円+サーバー交換料5,400円=10,800円(税込)
ただしらく楽サーバーは2年未満の解約で・・・
サーバー引取料:9,720円+サーバー交換料:5,400円 = 14,120円(税込)
かかってしまうのだ!

次に高いのがオーケンウォーターで、
1年未満の解約で
⇒サーバー引取料:5,400円(税込)
ただし、らく楽サーバーの場合は、2年未満の解約で・・・
サーバー引取料:9,720円(税込)
かかってしまう。

One Way Waterの場合は、
1年未満の解約で
⇒サーバー引取料:5,400円(税込)
で共通のようだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ