ウォーターサーバーのワンウェイ方式とリターナブル方式って何?

ウォーターサーバーの会社のホームページを見ると、必ずあるのが、「ワンウェイ方式」と「リターナブル方式」のどちらかの文字。これ、水ボトルの宅配方法を表しているので、とても大切な言葉なのだ。

ワンウェイ方式って何だ?

ウォーターサーバーのシステムっていうのは、家庭にサーバーの機械を設置して、水のボトルを宅配してもらって、セットして飲むというもの。で、水を飲んだ後に空になったボトルを自分でつぶして捨てる方式が、ワンウェイ方式だ。ワンウェイ・・・つまり、配送がメーカーから家庭に一方通行で、家庭からメーカーに向けての配送がないので「ワンウェイ」方式なわけである。
ワンウェイ方式の説明

リターナブル方式って何だ?

ワンウェイ方式では、飲み終わって空になったボトルを自分でつぶして捨てた。ところが、「リターナブル方式」では、空になったペットボトルを取っておいて、あとでメーカーに引き取ってもらう。ボトルを「リターン=返す」のでリターナブル方式というわけだ。
リターナブル方式

ワンウェイ方式とリターナブル方式、どっちがいいの?

これだけ聞かされても、じゃあどっちが良いの?ってことになってしまう。

ワンウェイ方式の良いところは、空のボトルを保管しておかないで済むところ。ウォーターサーバーのボトルの大きさって直径30cmくらいを考えておいた方が良い。このボトルを数本置いておくスペースを確保しづらければ、ボトルをすぐに捨てられるワンウェイ方式がお勧め。リターナブル方式はちょっと厳しいと思う。

一方でリターナブル方式の良いところは、ボトルをリユースしているので、その分コストを安く出来るところ。使い勝手という点ではワンウェイ方式に劣るが、間接的に「コスト」という面でメリットが出ているのだ。

それから、日時指定で配送して欲しいという人にはリターナブル方式は向いていない。リターナブル方式をとっているウォーターサーバーは、自社のデリバリーシステムを使っているので、配達曜日や時間が決まっているケースがほとんどだからだ。
ワンウェイ方式とリターナブル方式の配達方法

ワンウェイ・リターナブル、それぞれどんなウォーターサーバーがあるの?

リターナブル方式をとっているウォーターサーバーは、RO膜水を提供しているウォーターサーバーだ。クリクラ、アクアクララ、アルピナウォーター、ハワイウォーターなどだ。その他の会社は、ほぼワンウェイ方式になっていて、どちらかというと、ワンウェイ方式が圧倒的に多い。

なので、基本的には、RO膜水=リターナブル方式という風に考えておいて間違いないのだ。
※RO膜水という言葉がわからない場合はこちらを参照して下さい⇒RO膜水と天然水

[icon image=”check3-g”]リターナブル方式をとっているウォーターサーバー
・・・クリクラ、アクアクララ、アルピナウォーター、ハワイウォーター
[icon image=”check3-g”]ワンウェイ方式をとっているウォーターサーバー
・・・その他のウォーターサーバー

ワンウェイ方式とリターナブル方式の一覧

ウォーターサーバーの基礎知識に戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ