ミネラルウォーターでご飯を炊くには、最初に研ぐ時の水が大切

美味しいミネラルウォーターでご飯を炊く・・・そうしたら、さぞかし美味しいご飯が炊けるだろう・・・そう期待して水を使っていく時、1点注意したいことがある。

最初にお米を研ぐ時に、美味しい水を使う

ってことだ。普段料理している人には当たり前かもしれないが・・・実は、隊長は、つい最近までこの事実を知らなかった(汗)。

最初にお米を研ぐ時、乾燥した米に水を注いで研ぎ始めるわけだが、この時、お米は初めて水を吸収する。このお米が初めて吸収する水が美味しいと、ご飯が美味しく炊けるというわけだ。考えてみれば当たり前のことで、この時吸収する水が美味しくなければ・・・その後に加える水に何使っても・・・味は変えようがなくなってしまう。

だから、ウォーターサーバーを使うようになったら、美味しいご飯を炊く時にはこのことを頭に入れて欲しいのだ
※ただし、水道水の水質が著しく悪い梅雨の季節などは、ちょっと事情が変わってくる。詳しくは、梅雨の季節、ご飯が不味かったら、お釜にセットする水を変えよう!を読んで欲しいのだ。

美味しい水でご飯を炊く・・・一体、何リットル使うの?

じゃあ、こんな使い方すると、どのくらい水を使うのかってことなのだが・・・隊長の実家の例を出そう。

(ん??なぜ実家??っていうのはわけがあるので・・・それは後ほど。)

隊長の実家では、1回に2合半のご飯を炊くことが多い。その時の手順を追ってみると
米を研ぐ01

米を研ぐ02

米を研ぐ03

米を研ぐ04

上の画像の手順を文字で書くと、
1)米をたらいに入れて、水を入れて ①、
2)軽くかき混ぜて水を捨て ③、④
3)米を軽く研いで
4)そこに水を入れてかき混ぜて 、⑥
5)水を捨てて ⑦
6)もう一回米を軽く研いで
7)水を入れてかき混ぜて 、⑨
8)水を捨てるつつ、米をざるにあけて ⑩
9)お釜に米をセットして水を注ぐ ⑪、⑫

こんな手順だ。

ということは、ご飯を炊くときに水を使うタイミングは4回あるわけだ。
さらに、米2合半を炊く時に、それぞれに水をどのくらい使うか計ってみた。
ア)最初に水を米に含ませるとき・・・②(750mL
イ)最初に米を研いで水を捨てた後・・・⑤(750mL
ウ)二回目に米を研いで水を捨てた後・・・⑧(750mL
エ)お釜に米をセットする時・・・⑫(500mL

つまり、ア~エの全ての水を合わせると・・・なんとご飯を1回炊くのに使う水は2.75Lになってしまう。

う~ん・・・・これ、毎日やったら、コストかかり過ぎなのだ!

現実的なのは・・・ア)の最初に研ぐ時と、エ)のお釜に水をセットする時だけ、ウォーターサーバーの美味しい水を使う。そうすれば、1回に使う水は、1.25Lですむ。これを、1日1回だけ楽しむ。そうすれば、ひと月あたり、1.25L × 30日 = 37.5Lで済むので・・・まあ何とかなるかな・・・・。

美味しい水を生かすなら、無洗米がお勧めなのだ!

でもですね、、、もっと水を上手に使って、おいしいご飯を食べる方法がある。それが・・・無洗米なのだ。

実は、隊長の実家では普通の米を使っているのだが、隊長の家では「無洗米」を使っている。無洗米は、研ぐ必要がなくて、米をお釜に入れて、水を注ぐだけ。だから、水の使用量が全然違うのだ。2合半炊くなら、1回につき500mLの水が必要なだけなのである(米1合に対して、水200mLの計算)。そうすれば、ひと月あたり、0.5L × 30mL = 15Lで済む。

1日1回、ウォーターサーバーの美味しい水でご飯を炊くとして、
普通の米なら、ひと月37.5L
無洗米なら、ひと月15L
無洗米だと、普通の米の半分以下の水で済むわけだ。

普通の水で炊いたご飯と、ウォーターサーバーの美味しい水で炊いた無洗米・・・どっちが美味しいかというと、隊長は、美味しい水+無洗米がおすすめ。好みの問題もあるし、使うお米によってもかわるのだが、一度試してみて欲しいのだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ