ウォーターサーバーのお湯の温度は、何故80~90℃?

ウォーターサーバーのお湯の温度は、ほとんどのウォーターサーバーで80~90℃に設定されている。

でも、実際にウォーターサーバーのお湯を使用する時、80~90℃お湯の温度って、何にでも適切だとは限らない。これは、お湯の温度とお茶・紅茶・コーヒーの記事でも書いた。コーヒー・紅茶には、ちょっと低い温度だし、玉露などの高級な日本茶には高すぎる温度だ

じゃあ、何で、80~90℃に設定しているんだろうか???

90℃以上に保つと、ウォーターサーバーの電気代がかかり過ぎてしまう

アクアクララ集合実は、このことを、先日、アクアクララの営業さんに聞いてみた。すると、メッチャ明確な答えが返ってきた。

まず、90℃以上にしていない理由は、
ウォーターサーバーのお湯の温度を常時90℃以上にしておくと、電気代がものすごくかかってしまうから
だそうだ。

そんな電気代かかったら、お客さんが使ってくれませんからね(汗)・・・って言っていた。なるほどなのだ。

そうなると、確かにウォーターサーバーのお湯の温度が80~90℃というのはうなずける。隊長も実際に試してみたが、80~90℃であれば、お茶も、コーヒーも、紅茶も、ベストパフォーマンスは発揮しないけど、まあ、不味くって飲めないわけじゃない

80℃以下の温度だと、ウォーターサーバーのお湯でお茶を入れても不味い

一方で、これ以上お湯の温度が下がってしまうと、コーヒー、紅茶を入れると、激マズになってしまう。隊長は一度、これをやってしまった。

ウォーターサーバーの水でコーヒーを入れたうるのんを使っている時に、エコモードになっているのを忘れて、コーヒーを入れたことがあるのだ。エコモードになると、うるのんのお湯は65度前後になってしまう。この時のコーヒーの不味さは半端なかった。生のコーヒー豆でも食わされたのかと思うほどの妙な苦味が忘れられない(汗)。

好奇心旺盛な隊長は、この後、同じ温度で紅茶を入れてみたが、、、いや、これも不味かった。・・・って言うか、味が薄かった。温度が低いと、紅茶って風味がしっかりと出てくれないものらしい。

そんなわけで、ウォーターサーバーの80~90℃のお湯の設定、納得です!
ただし、紅茶やコーヒーを気合入れて楽しみたい時には・・・ウォーターサーバーのお湯を一度ポットにかけて、沸騰させてから使って欲しいのだ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ